溺れるモノ
   << May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
calendor bottom
PROFILE

JUST DO IT

Erth Day

DFF

キャンドルナイト
Categories
Archives
Rexent Comments
Links
Others
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - |      » Page Top
今頃、すべらない話
年末拡大スペシャルを見ていたら、やっぱり DVD が欲しいなぁ〜という気持ちになり、勢いで大人買い。

深夜に仕事してたりすると妙なテンションになって、笑いに対するハードルが下がっちゃうときがあるんですが、「すべらない話」には、そんなヘンなテンションが充満している。何度見ても面白く感じるのは、このせいだよなーとしみじみ。こんな仲間うちでの馴れ合いみたいな空気を楽しめるか、楽しめないかは、人によるんだろうと思いますが。


人志松本のすべらない話 人志松本のすべらない話

間違いなくこの第一弾で方向性が決まったんだと思うんですが、今見ると、まだ突き抜ける前というか、ちょっと抑えた感があるような。アクションも控えめだし。でもだからこそ、話は純粋に面白かったりする。

しかし、未公開の「SMマニアのオヤジ」「オカンのオッパイ」には、ドン引き。

人志松本のすべらない話 人志松本のすべらない話 其之弐

高橋茂雄(サバンナ)、川島 明(麒麟)のこわばった顔とか、有田哲平(くりぃむしちゅー)のカンペをウザがる他メンツの顔とか、すべらない話以外の見所も(笑。

人柄みたいなのが垣間見えるせいなのか、だんだん語り手に好き嫌いを感じる。話の内容じゃなく、語り手を人として嫌いになるって、どうよ(笑。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もマイペースに、モノに溺れる日々を綴りたいと思います。

lcf | memo | comments(0) |      » Page Top
しぐさのマナーとコツ
しぐさのマナーとコツ―暮らしの絵本

しぐさのマナーとコツ―暮らしの絵本

正直、この手の本は苦手、いや…むしろ嫌いなんですが、購入してしまいました。あーもちろん、本屋通いは趣味のようなものですから、このシリーズのことは存じておりました。他はオーソドックスなタイトルで、別になんとも思わなかったんですが、「しぐさ」っていう、控えめでかつ曖昧なタイトルに、うっかり買わされてしまった感じです。

が、驚きました。なんつうか、読み物として面白かったっす。主要キャラの設定も絶妙です。んで、あーそういうことか! と膝を叩くぐらいよくわかったのが、「可愛げ」という単語の意味というか、内容(?)。それだけでも、購入した甲斐がありました。えーと、セレブw を目指すような人には向かないと思います。そこはご注意ください(何をだ。

lcf | memo | comments(2) |      » Page Top
エッセンシャル・ペインティング
nmao

国立国際美術館(@大阪)に行ってきました。
欧米の超人気作家ばかりを集めた(らしく)、
よくぞこのメンツを! と感涙している人がいるとかいないとか。

んー、僕はといえば……、
なんつうか「90年代って、本当に空虚な時代だったのね…」と、
ものすごく重い気分になってしまいました……orz。

もともと建築物を楽しむだけのつもりで行ったはずなのに……。


国立国際美術館

完全地下型の美術館として、2004年にリニューアルオープン。念願叶って、やっと先日、行ってきました

えーと、大胆不敵に、空に向かって鉄パイプを突き出したのは、NTT 新宿本社ビルや、シーホークホテルなどを設計したシーザー・ペリ。ウェブで見られる 3D はとても美しいので、ぜひ。

lcf | memo | comments(0) |      » Page Top
もうさ、完全予約制でいいよ。
上野の森美術館で開催中のダリ回顧展に行ってきた。
大好きなダリの展覧会について、こんなことを言うのはなんだけど
ダリの作品以外はすべて、一から十まで嫌な感じ。

代理店然とした(しかも、品がない)スタッフの気持ち悪さとか。
平日の昼間にもかかわらず、人・人・人でいっぱいの美術館内とか。
トイレの行列とか。
ミュージアムグッズのクオリティの微妙さとか。

もういっそのこと、ジブリ美術館みたいに、
完全予約制でお願いします。

lcf | memo | comments(3) |      » Page Top
うわわわぁ〜ん

iPod (& iTunes) & BOSE SoundDock に大きく依存している生活を過ごしているんですが、久しぶりに Mac を起動して、iTunes 7 にヴァージョンアップしたら、Volume Logic が逝ってる……orz。

volume_logic

» Volume Logic and Apple's iTunes 7.0
画期的に音がよくなるプラグインなんで、早く復活して欲しいっす。
lcf | memo | comments(0) |      » Page Top
The Little Girl Giant
なんつうか……まさに想像を絶するスケール。4日間ずーっと、最初から最後まで、この物語を見ていたい。東京では……無理だろうなぁ……。

» YouTube:The Little Girl Giant


物語のエンディングはこんな感じ。

» YouTube:40ft Robot Elephant

» Nantes site officiel:Royal de Luxe / The Sultan’s Elephant
» The Sultan’s Elephant

lcf | memo | comments(4) |      » Page Top
Where the Hell is Matt?
Where the Hell is Matt?」が、大好きだ。文句なく楽しいし、「Sweet Lullaby」も最高。ちょっと幸せな気分になって、ちょっと泣きたくなって、もう本当になんともいえない気分になる。

» YouTube:Where the Hell is Matt?

ちなみに、コレコレも、ラヴリーだw。あーもう…こんな感じで、世界が平和になればいいのに。

ええと、たまたま コレを見た Stlide がスポンサーになり、金を出してくれたらしい。単にいい話ってだけじゃなく、いろいろ学べる話だな…。

lcf | memo | comments(2) |      » Page Top
ブラックイルミネーション 2006
全国各地のランドマークの灯りが消える「ブラックイルミネーション 2006」。いま、この瞬間に、暗闇を楽しもう。

0618

lcf | memo | comments(0) |      » Page Top
タバコを吸わない日々
特別な理由も、固い決意もなく、「吸わないでもいいかなー」という軽いノリで、タバコを吸わない日々を過ごしています。今日で一ヶ月なので、記念にエントリーしてみました。あ、でも、僕のなかでは、「禁煙」ではありません。吸いたくなったら、また吸うつもり。だから、吸わないでいるだけ、という認識です。理屈っぽいですねw。




Marlboro




ええと、タバコの害については、たくさんのことを聞いたり、見たりしていますが、少なくとも僕自身には、恩恵もたくさんありました。それこそ、幸せなとき、嬉しいとき、楽しいとき、悲しいとき、憂鬱なとき、寂しいとき、苦しいとき、イライラしているとき、がんばっているとき、夢中になっているとき……、ありとあらゆる時間をタバコとともに過ごしてきましたからw。なので、過剰な嫌煙ムードはとても苦手です。



と、そんな僕ですが、タバコを吸わなくなったことで、大きく変わったと感じることがあります。すごく自由になった気がするのです。タバコがないときのイライラや、タバコを買い続けるという行為に、ずいぶん縛られていたのだなーと驚いています。それから、今はもう感じなくなってしまったのですが、最初の頃は「一日」がとても長かった!




あああ、もしやそのせいなのか、太ったのは!? 時間があるから、つい何か食べてしまっていたのか!? 気がついたら3キロも太ってましたよ……orz。今度はダイエットに関するモノでも物色してみるかw。


lcf | memo | comments(4) |      » Page Top
「TARO MONEY」第3次プレス、販売スタート!
岡本太郎氏が1968年にメキシコで描き、その後、長い間行方不明になっていた巨大な壁画「明日の神話」が、日本に戻ってきたのが2005年。

故・岡本敏子さんがスタートさせた「明日の神話」再生プロジェクト、そして、たくさんのアーティストたちが参加している「太郎の船団 TARO'S BOATS」の活動などにより、とうとう「明日の神話」が今年の7月に世界初公開されることになりました!



ええと、詳しいことはサイトでご確認くださいw。



明日の神話

» 岡本太郎 - 明日の神話オフィシャルページ




さて、本題です。



taro money

» ほぼ日刊イトイ新聞 - TARO MONEY



今日から第三次プレスの販売がスタートした「TARO MONEY」を購入すれば、原材料費や梱包費、税金などを引いた金額が、「明日の神話」再生プロジェクトへの寄付されます。



うっかり、第一次、二次プレスを買いそびれていたのですが、このたび無事に購入することができました。この「TARO MONEY」はコインとしても愛らしいデザインなんですが、買ってお終い! というわけではなく、パッケージを切り離して誰かにプレゼントしたり、パッケージの中に記載されているシリアル番号を使って、寄付の証にウェブサイトに名前を登録したりできるんです。



なんつうか…寄付した人たちの「参加してる感や、想い」といったところにまで、きちんと配慮してあるモノなんだなぁ。寄付という行為で、こんなにワクワクできるなんて、さすが糸井重里氏と「ほぼ日」プロデュース! と驚かずにはいられません。



あぁ、僕は被爆地の生まれで、被爆二世なんです。物欲をかきたてる「TARO MONEY」に魅かれているのはもちろんですが、それ以上に、この「明日の神話」という壁画に対して特別な想いがあります。「明日の神話」再生プロジェクトの最終着地点を見届けながら、僕のできることをやっていきたいなーと考えています。

lcf | memo | comments(0) |      » Page Top
<new  top  old>