溺れるモノ
   << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
calendor bottom
PROFILE

JUST DO IT

Erth Day

DFF

キャンドルナイト
Categories
Archives
Rexent Comments
Links
Others
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - |      » Page Top
ウィッシュルーム / 天使の記憶
えーと、クリアしました。ネタバレありで、文句多いです。ご注意。

ウィッシュルーム 天使の記憶

ウィッシュルーム 天使の記憶

ミステリとしても、ゲームとしても、中途半端な印象。でも、途中で放り投げるほどでもなく、個人的にはギリで合格ラインというところ。DS らしい操作で楽しめる部分もあるので、もう少し作り込まれてればなぁ〜と思ってみたり。


【操作とか】
縦に持ってゲームを進めるのですが、これが非常にやりにくかった。小説を読むようにってことを意識してたり、会話での立ち位置的なものを考慮して、こういう画面割なんだろうけど、移動中などは、左右を同時に見るのは困難で、せっかくのグラフィックがちょっともったいない気が。あと、メモ機能も、もう少し使い勝手というものを考慮して欲しかった。ストーリーに集中するためにも、ユーザビリティって大事だなぁ〜と。

が、ジグソーパズルを引っ繰り返したり、人工呼吸(?)したりという場面では、へ〜なるほど〜! という驚きも。『チョコボと魔法の絵本』もそうだけど、DS ならではの楽しさっつうものが、ずいぶん洗練されてきたなぁ〜と思う。


【物語とか】
元刑事で現在はセールスマンをしながら、失踪した元同僚を捜している主人公カイル・ハイド……、すでにこの設定からヘンだとか、同じ日に集まったからといって宿泊客の過去がこんなに絡みあうのはヘンだとか、そもそもタイトルが間違ってないか…とか、いろいろ言い出すとキリがないのですが、主人公の不細工な笑い顔が気に入ったので、基本設定は許しますw。

ゲームの進行は、ええと…、言われるままに進めば、煮詰まるところはほとんどないような。移動の先々で隅々までチェックすれば、何も問題ないっす。結局、物語が時間軸で進んでいくんで、シナリオに自由度はほとんどないんだよね。マルチシナリオ・マルチエンディングつうわけじゃない。まぁ、周回して、微妙な違いを楽しむっつうのはアリかもしれないけど、ちと根性が必要だなぁ〜。

あーそうそう、自販機とか、マッチ棒クイズとか、ジュークボックスとか、220号室とか、直接物語に関わらないちょっとしたお遊びもあります。

一番好きだったのは、主人公がメイドのローザの昔の写真を見て「いい女だな〜」と褒めるシーン。主人公のヘンな笑い顔と、ローザの照れ顔が並んでるのが、すげー面白かった。物語に全く関係のないこのシーンが一番好きって、どうなのよw。


【エンディングとか】
エンディングは、ジェフが挨拶にきて、サマーからは手紙をもらい、ヘレンからはありがとうと言われ、アイリスに会い、メリッサがはしゃいでて、ケビンには感謝された。ルイスとロビーで会い、ローザとミラにはドア越しに別れ、ダニングは電話代(?)をおまけしてくれた。で、ホテル退出。……ミラがついてきた。

セーブ後、年末のローザとダニングの会話。んで、ジェニー帰還。

何じゃこりゃ、ミラ連れてどこいくのあんた…とゲッソリしたうえ、ジェニー帰還でさらにトホホ……。正直、コレでやる気をなくしたんですが、二週目…。店頭では売り切れ続出してるらしいんで、さっさと売り飛ばしに行こうかと思いまつ。


【結論】
解いた謎より、残った謎の方が多いじゃないか!

lcf | game | comments(0) |      » Page Top
チョコボと魔法の絵本
チョコボと魔法の絵本

チョコボと魔法の絵本

起動やセーブといった基本操作のテンポのよさとか、イラストを上手に使用したグラフィックの美しさとか、あと一歩が難しいミニゲームの難易度設定とか、得意不得意のバランスの絶妙さとか、いいことづくしの秀作。


愛読している[ゲームの方+]が、『チョコボと魔法の絵本』を褒めちぎっていたので、気になって購入してみたら、本当にとても楽しかった。

ゲームとしての面白さはもちろんなんですが、特筆すべきは、起動・セーブのスピードだなぁ。『SUDOKU』や『イラストロジック』といったパズルシリーズもやってるけど、それよりも体感的にはかなり早い。それが何より気持ちよかったなぁw。

ええと、[ゲームの方+]につられて、未入手カードをメモりたいと思います。

現在のコレクション率は 86%、106/122枚。
正直、もういっぱいいっぱいです…orz。


【未入手カード一覧】.............チョコボと魔法の絵本 Wiki より
004:「シヴァとイフリート Vol.1」 トライアル 45pt
010:「ボムのかべ」 ゴールド
012:「モルボルのかくれ森」ゴールド
018:「シドのジョブ当てゲーム 」ゴールド
031:「アダマンタイマイとサボデンダー Vol.1」 トライアル 25秒以内
040:「スタッフロール」シルバー
058:「ベブズパズル」ゴールド
064:「シロマ先生のつなげて帰り道」ゴールド
072:「サボテンダーとアダマンタイマイ Vol.2 」
   トライアル 壁にぶつからずゴール
084:「スタッフロール」ゴールド
090:「じゅうけつアーリマン」 ゴールド
100:ベヒーモス・ゴーレム・サハギン・鉄巨人と再戦し、勝利
105:「コロコロゼリー 」ゴールド
107:「とんでけチョコボ」ゴールド
113:本編クリア後に4種のベブズと再戦し、勝利
120:「サボテンダーとアダマンタイマイVol.2」 バトル Lv5

 

再戦モノとか、スタッフロールとか、やってないものがあるんで、もう少しがんばればいいんですが、『ウィッシュルーム 天使の記憶 』はじめちゃったんで、そのうちがんばりますw。

lcf | game | comments(2) |      » Page Top
究極のきぬ
究極のきぬ おとうふ工房いしかわ
究極のきぬ

ネーミングは微妙ですが、確かに美味い。ちなみに相方は、至高のもめん。

優しい味わいで、後味すっきりの爽やかな甘みは、まるでデザートのようでつ。


実は僕にとって「美味しいモノを食べる」という行為は、プライオリティがあまり高くない。だから、美味しいモノを求めてどこまでも! みたいな熱意はまったくないし、雑誌のグルメページに目を通すこともほとんどない。美味しいモノが好きな飯友が何人かいればいれば、それで十分w。あー、もちろん美味しいモノしか食いたくないです。不味いモノを我慢して食べたりはしませんのでw。誤解なきよう。

そんな僕は気に入ったモノなら、毎日食べても平気です。いや、むしろ気に入ったモノなら、毎日食べたいと思ってしまうので、定期的に、バカ食いする食べモノが出現します。で、いま猛烈に食っているのが、おとうふ工房いしかわの「究極のきぬ」なんです。

最近、摂取カロリーを抑える努力をしていることもあって、そうだ、豆腐を食おう! と思ったのがそもそもの出会い。しかしコレが、想像以上に美味かった! あ、でも豆腐らしさでいえば、男前豆腐店の豆腐のほうが美味い、つうか凄いw。「究極のきぬ」は…なんつうか、デザート感覚で食ってます。ダイエットのために豆腐…みたいな、もの哀しさを吹き飛ばすソフトな甘さがたまりませんw。
lcf | daily goods | comments(3) |      » Page Top
野田琺瑯:ドリップケトル II
琺瑯って書ける? なんて言われることは、一生ないのだろうけれど
「ホーロー」よりも「琺瑯」という字面が好きだ。

いや、そんなことはどうでもいいのですが、
昨年末からうっすらと漂う下降ぎみの運気を払おうと、
なぜかヤカンを新調してみました。

 

ドリップケトル 野田琺瑯:ドリップケトル II

一人、二人ぐらいのご家庭には、ちょうどよさげな 2.0L サイズ。

カラーも豊富で、全7色(ホワイト、キャメル、グリーン、オリーブ、レッド、ネイビー、ブラック、オレンジ)の中から、お好みで。


ちなみに同じ理由で、トイレのマットも明るいモノにしてみたw。
そんなことで下降が止まるわけがないのですが、
少なくとも気分はちょっと浮いたので、いいんだ〜。
あ、写真はうちのトイレじゃないでつw。

lcf | daily goods | comments(2) |      » Page Top
今頃、すべらない話
年末拡大スペシャルを見ていたら、やっぱり DVD が欲しいなぁ〜という気持ちになり、勢いで大人買い。

深夜に仕事してたりすると妙なテンションになって、笑いに対するハードルが下がっちゃうときがあるんですが、「すべらない話」には、そんなヘンなテンションが充満している。何度見ても面白く感じるのは、このせいだよなーとしみじみ。こんな仲間うちでの馴れ合いみたいな空気を楽しめるか、楽しめないかは、人によるんだろうと思いますが。


人志松本のすべらない話 人志松本のすべらない話

間違いなくこの第一弾で方向性が決まったんだと思うんですが、今見ると、まだ突き抜ける前というか、ちょっと抑えた感があるような。アクションも控えめだし。でもだからこそ、話は純粋に面白かったりする。

しかし、未公開の「SMマニアのオヤジ」「オカンのオッパイ」には、ドン引き。

人志松本のすべらない話 人志松本のすべらない話 其之弐

高橋茂雄(サバンナ)、川島 明(麒麟)のこわばった顔とか、有田哲平(くりぃむしちゅー)のカンペをウザがる他メンツの顔とか、すべらない話以外の見所も(笑。

人柄みたいなのが垣間見えるせいなのか、だんだん語り手に好き嫌いを感じる。話の内容じゃなく、語り手を人として嫌いになるって、どうよ(笑。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もマイペースに、モノに溺れる日々を綴りたいと思います。

lcf | memo | comments(0) |      » Page Top
<new  top  old>